一番大事な人をあなたは守りたいと思いませんか?
性病の種類一覧
 
  性病の種類は下記の通りです。
発症する前に定期的なSTD(性感染症)の検査を行いましょう。
クラミジア菌/咽頭クラミジア
クラミジア菌・咽頭クラミジアは現在最も多いSTDです。感染しても女性の70%以上、男性の30%以上
に自覚症状がありません。
女性の場合子宮内膜症・卵管炎さらには不妊の原因にもなります。
カンジダ
  カンジダは何らかの原因によって異常に増殖し、カンジダ膣外陰炎を起こします。
外陰部に「いたがゆい」「ピリピリするような」「しみるような」かゆみが起こります。
淋菌/咽頭淋菌
  淋菌・咽頭淋菌は感染力が強く、現在増加しているSTDです。感染すると尿道炎や福睾丸炎などを発症します。
女性の場合、自覚症状がほとんどなく、子宮内膜症・卵管炎さらには不妊の原因にまでなります。
トリコモナス菌
  トリコモナス菌は男性の場合には尿道や前立腺に炎症を起こすが、自覚症状はほとんどありません。
女性の場合には泡状の悪臭の強いおりものが増え、外陰部、膣に 強い掻痒感を訴えます。
ヘルペス菌
  ヘルペスウィルスは感染すると、症状が治まった後もずっと体内に居座ることが大きな特徴です。
口唇ヘルペスと陰部ヘルペスがあり、共に痛い水疱、びらんがみられます。
パピローマ菌
  パピローマ菌は感染すると尖圭コンジローマ(肛門を中心にイボ状の隆起物が出来る病気)を発症します。
女性の場合、子宮頸がんを引き起こす大きな原因になるといわれています。
 
   
検査キットB(性病8種類検査可能)  
 
検査キットB(性病8種類検査可能)をお申込みの方はこちらのバナーから  
検査キットB申込み  
   
Copyrights 2007- ANABSS Corporation All Rights Reserved.